検索

シンガポールの報告

「スーパーリーグ セントーサのご報告


スーパーリーグトライアスロン2018年シリーズのファイナルがシンガポール、

セントーサ島で開催されました。


2月23日土曜日 エリミネーター

ステージ1 300mスイム-5kmバイク-2kmラン

同時スタートした24名のうち、上位15名(9名脱落)が

先頭のゴール後、10分休息を挟み、次のステージへ


ステージ2 300mスイム-5kmバイク-2kmラン

同時スタートした15名のうち、上位10名(5名脱落)が

先頭のゴール後、10分休息を挟み、次のステージへ


ステージ3 300mスイム-5kmバイク-2kmラン

最終ステージは10名でスタート


全てのステージ中に、先頭から90秒遅れると、離脱しなければなりません。

高橋は最終ステージまで生き残り、8位でゴールしました。


2月24日日曜日 エンデューロー

300mスイム-5kmバイク-2kmラン-300mスイム-5kmバイク-2kmラン-300mスイム-5kmバイク-2kmラン


24名全員で一斉スタート後、3種目3ステージを連続して行い、

各種目ごとに最後尾2名が脱落させられ、

加えて、先頭から90秒遅れた時点でも離脱しなければならないサバイバル戦です。

最終生き残った6名のみが「スーパー6」としてそのまま最後まで戦えます。

高橋は第2ランまで健闘し、90秒ルールはクリアしたものの、惜しくも脱落組になり、

この日は9位となりました。


2日間を通したセントーサの順位は9位。

2018年シリーズランキングは、31ポイントを獲得し、8位。

この結果から、2019年シリーズのシード権を獲得(上位10名まで)することが出来ました!


スーパーリーグのSNSや本人のインスタなどを通して応援観戦して下さった皆さま

​ありがとうございました。

また、今回は日本から駆け付けて下さった応援団とシンガポール赴任中の同級生2人の

大変心強い生応援もあり、特別な盛り上がりとなりました。

後日、観戦記などもお伝えしたいと思っています。





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示